日本財団での再犯防止プロジェクトの一環として取り組んでいる『職親プロジェクト』に
我社も参画させていただいています。
日本財団再犯防止プロジェクトHP

日本財団での再犯防止プロジェクトの一環として取り組んでいる
『職親プロジェクト』に我社も参画させていただいています。
職親プロジェクトとは少年院出院者や刑務所出所者に就労体験を提供することで、
円滑な社会復帰を支援するとともに再犯率の低下をめざします。
出院者や出所者のうち、自立、更生意欲が高い者を対象に
少年院や刑務所内で面接を行い、出院、出所後6カ月以内の期間就労体験を行い、
雇用へと繋げます。
居住は社員寮や更生保護施設のほか、出所者、出院者に不足しがちな「教育」を
提供する中間支援施設(大阪、福岡のみ)があり、行政、企業ともに
生活をサポートしています。
就労体験を提供するとともに中間支援施設でも教育を受講させ、
6カ月の就労体験後も対象者を正規雇用(継続雇用)するように指導し、
再犯防止を実現します。

日本財団再犯防止プロジェクトインタビュー記事