社内研修

肥育農家への研修

肥育農家への研修

肥育農家とは、子牛を成体に育てる農家のことを言い、当社では、肥育農家に牛の世話をしにいく研修を実施しております。
その目的は、お肉をお客様に提供するだけではなく、お客様に提供するお肉が、どのような流れで仕入れられてお客様にお召し上がり頂くのかを知るためです。
実際に牛舎の掃除から、餌の世話、ブラッシングなどの体験を通して、農家の方の想いや牛への愛情などを実感することができます。
日頃、見ることも体験することもできない経験を、お店でお客様に話すこともお客様に喜んで頂ける一つの大切なことだと思います。(焼肉の店舗でここまで見ることができるのは牛心だからこそです。)

セリの参加

当社では、通常の焼肉屋として経験が出来ないような、枝肉、生体のセリなども体験することができ、お肉の流通を一環して学んでいただきます。
お肉の相場や目利きの学習、様々な地域の品評会などに参加でき、賞を取る牛と当社が求めている牛との違いなど、様々な目線から見ることができます。

セリの参加

マイスター制度

マイスター制度

牛一頭を丸ごと使っている当社では、様々な部位を提供させていただいており、お客様にお出しするお肉の特徴をひとつひとつご紹介しております。
そのため、社員全員にお肉のカット教育を行い、部位とお肉の特徴をしっかりと学んでいただきます。
入社後、センターで行う1日3時間ほどのお肉のカット研修では、包丁の基本訓練を兼ねてユッケやはらみなどの捌き方からはじめますので、調理経験がない人でも安心。
包丁やお肉のカットに慣れるに従い、様々な部位に触れるようになり、最終的には20Kgを超える鞍下をクリアすることで、牛一頭の部位をすべて捌くことが出来るようになります。