スタッフ紹介

お客さまから、心の温かみを感じられる幸せ、やりがいをもらいました。

但馬屋千里 ホール社員 筒井 晶平

Staff interview

但馬屋に入社したきっかけは、お客さまアンケートに自分の名前が書かれているのをチラッと見たこと。
何もできないアルバイトだった私に「筒井くん、がんばれ!」というあたたかいメッセージ。
このアンケートが私の但馬屋人生の始まりでした。
「何に対しても、僕らは1番でないといけない。2番は100番と同じなんだ!」という社長の言葉を心に、「お客さまに本当に感動していただける、自分なりの・筒井なりの・筒井にしかできない 接客を日々心がけ、一瞬一瞬の“インパクト”を大切にしたおもてなしに取り組んでいます。お客さまが笑顔で「ありがとう!こんなことしてもらったの初めてだよ」という言葉をいただくたびに、胸が熱くなり、次の活力源・心の財産となっています。
この会社では、毎日お肉を焼いていますが、感じるものは日々違ってきます。私は、お客さまからやりがい・楽しさ・楽しみ方・物事の感じ方というものを学びました。
そしていつも「毎日違う仕事を楽しんでいるような新鮮さ」を感じています。 最後に、笑顔でいられるのは今を精一杯頑張れる人間だと思っています。精一杯頑張りながら楽しく自分を磨けるところ、それが但馬屋だと思います。

Staff interview